• 新規会員登録で100ポイントプレゼント!
  • お買い物ガイド
  • FAX注文用紙ダウンロード(FAX:052-304-1028)
  • お客さまの声
  • よくあるご質問
  • メルマガ登録
  • ブログ(アフリカ工房店主、ますみママのブログ)
  • 工房へようこそ アフリカ工房 公式フェイスブック
  • ギフトについて

営業時間:10:00〜17:00
営業日:平日(土・日・祝日除く)

インターネット及びFAXによる
ご注文は24時間受付中です!

ご使用方法

ぴゅあシアバター ご使用方法

体温でじんわり浸透。全身これひとつでOK!こんな時にオススメです!!

  • お子様のかさかさ肌に
  • ハンドクリームとして
  • ボディマッサージに
  • 洗顔後の保湿に
  • ひじやかかとのかさかさに
  • リップケアに
  • ヘアワックスに
  • 家事仕事でも水をはじき落ちにくく、保湿力も持続

お客様の声

家族全員で使っています。子供たちのお肌に使いやすくて最高です。実家の母が「これを使うようになってから肌が柔らかくなった」と言って、とても気に入っています。
(愛知県 30代 女性)

●ぴゅあシアバターの基本的な使い方

  • シアバターを大豆大の大きさで手のひらにとる。
  • 両手を合わせてシアバターを温め、シアバターを伸ばします。
  • 乾燥の気になる部分にプレスしながらゆっくりと伸ばします。

シアバターが固くて使いづらい時は…

シアバターが固いのは100%天然の証拠。シアバターの融点はおよそ36度です。
冬にはシアバターが固く感じられる事がありますが、そんな時には上記の使い方の前に以下の方法をお試しください。

  • お風呂上り等の温かい手のひらでよく温め、伸ばしてから
    使用する。
  • 温かいお部屋で保管する。
  • ドライヤーで表面を少し温める。
  • 暖房器具の前で少し温める。
  • ポケットに入れ人肌で温める。

※シアバターは変質しにくい油脂です。熱などを多少加えても品質には特に問題ございません。

●ぴゅあシアバターの保存方法

ふたをしっかりと閉め、直射日光をさけ、常温の涼しい場所(引き出しの中など)で保管してください。
長期保存される場合や室温が35度を越える場合は、冷蔵庫で保存することをお勧めします。 

100%天然の安心安全なシアバターだからこそ、大切な場所・大切な人のために使いたい

●お顔に塗っても大丈夫!

シアバター石けんで洗顔後、化粧水の後(もしくは直接)に、シアバターを塗ると乳液いらず。翌朝もっちもちお肌の完成です。

お客様の声

入浴後、シアバターをお顔に塗って寝ると翌朝びっくりするほどほっぺがモチモチしてました。お肌が若返ったかのようです。
(愛知県 60代 女性)

●シアバター for ベビー

アフリカ工房のシアバターは天然100%植物性オイル。自然のままの優しいシアバターだから赤ちゃんの敏感なお肌にも使えます。おむつかぶれの緩和やほっぺたの保湿にも最適です。おむつかぶれやほっぺたなどの保湿には、必ずお肌を清潔にしてからシアバターを塗ってあげてくださいね。

<シアバター小話>

シアバターのふるさとガーナ北部の村では、産まれたての赤ちゃんのへその緒のお手入れにも、赤ちゃんのお肌のお手入れにもシアバターが使われます。シアバターの優しいベールが、太陽の光や乾燥から赤ちゃんを守るのです。

お客様の声

子供のおむつかぶれがひどくて、何か良いものがないかと探しているときにアフリカ工房のシアバターを紹介してもらいました。使い始めてからおむつかぶれもしなくなり、今では重宝しています。
(山形県 30代 子育て中の女性)

●シアバター for マタニティー

妊娠中のママのお肌はとっても敏感です。大きくなるお腹やかさかさお肌にたっぷりシアバターを塗って妊娠線を予防し、快適なマタニティライフを送りましょう。

店主 眞澄談

私も妊娠時には、体のかゆみがおさまらず困っていました。そんな時シアバターを塗るとかゆみがだいぶおさまり安心しました。毎日おなかに塗って妊娠線予防にも活用しました。その甲斐あってか妊娠線もできず元気な赤ちゃんを出産することができました。

シアバター石けん ご使用方法

●赤ちゃんにも使用できる優しさです

シアバター石けんは、クリームのようなきめ細かい泡で、優しくお肌を洗います。洗いあがりはしっとり。お顔はもちろん、赤ちゃんの敏感なお肌にも安心して使えます。

●シアバター石けんの基本的な使い方

  • クレンジングでお化粧を落とします。
  • 泡立てネットでシアバター石けんをよく泡立てます。
  • たっぷりの泡で円を描くように、優しくお顔を洗います。
  • ぬるま湯で丁寧にすすぎます。(決してシャワーなどの熱いお湯は使わないでください。お肌に残っている自然の油膜まで取り除いてしまいます。)
  • 仕上げには冷水をご使用ください。
  • 化粧水をしみこませた後、手のひらで温め伸ばした、大豆大のぴゅあシアバターをゆっくり、じんわりとお肌に伸ばします。
  • 翌朝までもっちもちのつやつやお肌の完成です。

手作り用シアバター ご使用方法

●容器に取り分けて使う

中身はぴゅあシアバターナチュラルと全く一緒です。アルミパックから取り出し、バターナイフや包丁などで切り分け、容器に移して使います。すぐに使わない分はサランラップに包んでから、できるだけ空気を抜いてアルミパックの口をしめ、冷暗所にて保存します。

●オリジナルクリームの作り方(お好みの精油を加えてオリジナルクリームに)

< 準備するもの >

シアバター、お好みの精油(シアバターの量の約1%)、鍋、ボウル、温度計、容器、
混ぜ棒、はかり

  • 手作り用シアバターの中身を取り出し、耐熱容器に入れて湯煎にかけます。あまり火にかけすぎないでください。
  • シアバターが全て溶け液状になったら(40〜50度ぐらいになったら)、シアバターの重量の1%以内でお好みの精油を加えてよく混ぜます。(アフリカ工房のシアバターの精油は0.6〜0.8%の量です)
  • その後、容器に入れ少し冷まします。
  • 35度前後になったら、冷凍庫に10〜15分ほどいれて急冷します。
  • その後冷蔵庫にて2〜3時間ほど冷やすと、なめらかクリームのできあがり。 ※ 冷蔵・冷凍の時間は、シアバターの量や容器の質によっても異なります。上記時間の目安はプラスチック容器で30〜50グラム位のシアバターを溶かした時の目安です。

●石けんの作り方

シアバターは石けんづくりの原料にも最適です。シアバターを使った手作り石けんは、真っ白で固く、溶け崩れしにくいです。しっとり潤う保湿力の高い石けんができます。

石けんの作り方を見る(PDF)

●手作り用シアバターの保存方法

軽く空気をぬいて、封をしっかりとし、直射日光をさけ、常温の涼しい場所で保管してください。 長期保存される場合や、室温が35度を超える場合は、ジップつきのアルミパックに入れ、できる限り空気をぬいた状態で冷蔵保存することをお勧めします。(1年程度保存が可能になります)